デジタルロックの種類について

query_builder 2024/05/25
コラム
7

登録された電子情報を照合することで開錠・施錠が可能なデジタルロックは、一般家庭でも導入されるケースが増えてきました。
電気の力を利用して鍵の開閉を行うデジタルロックですが、その種類はさまざまです。
今回は、デジタルロックの種類について紹介しますので、ぜひご覧ください。


▼デジタルロックの種類
■カード・リモコン型
カードキーはコンパクトで扱いやすく、お財布に入る大きさなので紛失のリスクを防げます。
機器にカードを差し込むものや、かざすだけで開閉が可能です。
また、リモコン型のデジタルロックは、離れていても開閉できるメリットがあります。
■暗証番号型
デジタルロックといえば、暗証番号認証型を思い浮かべる方が多いでしょう。
あらかじめ登録された暗証番号を入力し、扉の開閉を行います。
銀行やクレジットカードと同様に、複数回間違えるとロックがかかるタイプも多いため、防犯性も高いのが特徴です。
■指紋・顔認証型
指紋や顔を機器に登録し、施錠・開錠を行うタイプです。
カードやリモコンを紛失したり、暗証番号を忘れたりするといったリスクがありません。
情報が流失しにくいため、セキュリティ面にも優れています。


▼まとめ
デジタルロックの種類には、カード・リモコン型や暗証番号型・指紋・顔認証型などがあります。
いずれのタイプも鍵の開閉が楽なほか、セキュリティにも優れているため、導入を検討してみてはいかがでしょうか。
『株式会社K・L・S』では、セキュリティに優れたデジタルロックを取り扱っております。
栃木市で、鍵の紛失・盗聴・ご自宅のセキュリティ面にお困りのお客様は、お気軽にご連絡ください。

記事検索

NEW

  • 大平町でカギ交換工事をしてきました

    query_builder 2024/05/07
  • 鍵を紛失したときの対応とは

    query_builder 2024/07/15
  • ドアの鍵を交換する際の費用相場は?

    query_builder 2024/07/08
  • 空き巣の防犯対策について

    query_builder 2024/07/01
  • 信頼できる業者の選び方

    query_builder 2024/06/28

CATEGORY

ARCHIVE